浪速区 北村整骨院の健康ニュースです。今回は、低温やけどについて解説します。

浪速区 北村整骨院 HOME >> 健康ニュース >> 本当は怖い!低温やけど

本当は怖い!低温やけど / 浪速区の北村整骨院 健康ニュース

最近、一段と気温が落ち込み、寒さ対策としてカイロや電気毛布などの防寒グッズを使うことが多くなる季節です。

そんなときに注意が必要なのが「低温やけど」です!

低温やけどとは?

低温やけどイメージ

カイロや電気毛布など、体温より少し温度の高いものが長時間肌に触れ続けることによって起こるやけどです。

低温だからと言って甘く考えてはいけません!

「低温やけど」は、普通のやけどと違い、皮膚の深い部分で起こります!

その為、治りが遅く、気付いた時には重症化していることが多いです。

やけどの分類

やけどは深さにより、重症度がⅠ度~Ⅲ度に分類されます。

「低温やけど」は下の図のⅡ度やⅢ度の場合がほとんどです!!

Ⅰ度 Ⅱ度 Ⅲ度
外見症状 赤く充血する 水ぶくれが出来る 皮膚が乾燥する
黒く変色する
自覚症状 痛み、熱がある 損傷部が深い程、
痛みが少なくなる
痛み、感覚がない
処置 冷水で冷やす 皮膚科へ受診 皮膚科へ受診
治療期間 数日で治る 1~4週間 1ヶ月以上

やけどの程度イメージ

※Ⅲ度の場合、対応が遅れると皮膚が壊死(腐る)する可能性があります。

もしも低温やけどになったら?

低温やけどの専門医イメージ

「低温やけど」になった部分にガーゼを当て、皮膚科へ行くことが重要です!

普通のやけどの場合は、冷やしたり、軟膏を塗ったりしますが、低温やけど(Ⅱ度、Ⅲ度)の処置としては、間違っています。

見た目が軽い状態でも必ず皮膚科の専門医に診てもらいましょう。

低温やけどにならないためには?

湯たんぽで低温やけどイメージ
  • 湯たんぽは、専用カバーの上から更にタオルを巻きましょう。
  • カイロは、肌に直接貼ったり、当てないようにしましょう。
  • 電気ストーブは、固定して置いてある為、常に身体の同じ所に熱が当たらないようにしましょう。
  • 電気毛布は、寝る前に電源を切り、長時間身体に熱が当たらないようにしましょう。

防寒グッズを正しく使い、寒い冬を乗り切りましょう!!

北村整骨院へのお問い合わせはこちら:06-6568-8555
浪速区、北村整骨院 患者様の声
浪速区 北村整骨院 健康ニュース

お問い合わせ

骨盤矯正、肩こり、腰痛などでお悩みの場合は、浪速区の北村整骨院(06-6568-8555)までお気軽にお問い合わせください。

LINEの友だちを追加

北村整骨院 LINE QRコード

LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンしてください。

北村整骨院 友だち追加

Menu

各症状について

診療時間

 
午前
午後