浪速区 北村整骨院の健康ニュースです。今回は、溶連菌感染症について解説します。

浪速区 北村整骨院 HOME >> 健康ニュース >> 溶連菌感染症について

溶連菌感染症について / 浪速区の北村整骨院 健康ニュース

溶連菌感染症は、どの年代の方でもかかる病気ですが、
特に多いのが2・3才~小学生くらいまでの子供がよくかかる病気です。
主に喉に感染し、咽頭炎(いんとうえん)、扁桃炎(へんとうえん)だけでなく、
小さく赤い発疹を伴う猩紅熱(しょうこうねつ)といった重い症状を引き起こす可能性があります。
現在は、適切な抗生剤を服用することで、ほとんど問題なく治癒します。

どんな症状が出てくるのか

イチゴ舌 イメージ
※イチゴ舌

発熱 イメージ

溶連菌感染症の主な症状は、発熱[38~39℃]と喉の痛みです。
しかし、3歳児未満だとあまり熱が上がらないと言われています。
身体や手足に小さくて紅い発疹が出たり、
舌の表面にイチゴのようなツブツブが出来ます。(イチゴ舌)※
その他に、頭痛・腹痛・首のリンパ節の腫れもみられます。
急性期を過ぎると、発疹の出た場所には落屑(皮剥け)が起こります。
また、溶連菌感染症は風邪とは違い、咳や鼻水が出ないという特徴があります。
この感染症には潜伏期間があり、実際に感染してから、大体2~5日で症状が出てきます。

予防・対策について

感染予防としては、残念ながら溶連菌感染症の予防接種はありません。

手洗い・うがい イメージ

徹底した手洗い・うがい

この感染症は、咳・クシャミ等の飛沫による感染のため、
手洗い・うがいを徹底したうえで、マスクを着用しましょう。

女性 イメージ

外だけが危険ではない、家庭内にも潜む影

家庭内で感染するケースが多いという特徴があります。
家族の中に感染者がいる場合は、食器やタオルの共有を避け、
家の中でもマスクを着用することで予防効果がUPします!

家族が溶連菌と診断されたら!

家族が溶連菌と診断された場合、未成年の家族にも抗生物質を処方されることがあります。
完全に感染を予防できるわけではないのですが、
予防に対して有効だという意見があるため、処方されます。
成人の場合は、ほとんどが溶連菌に対抗する力を持っているので、
感染の可能性は少なく、予防目的で抗生物質を服用する必要はありません。

北村整骨院へのお問い合わせはこちら:06-6568-8555
浪速区、北村整骨院 患者様の声
浪速区 北村整骨院 健康ニュース

お問い合わせ

骨盤矯正、肩こり、腰痛などでお悩みの場合は、浪速区の北村整骨院(06-6568-8555)までお気軽にお問い合わせください。

LINEの友だちを追加

北村整骨院 LINE QRコード

LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンしてください。

北村整骨院 友だち追加

Menu

各症状について

診療時間

 
午前
午後