浪速区 北村整骨院の健康ニュースです。今回は、実は夏に多い「脳梗塞」について解説します。

浪速区 北村整骨院 HOME >> 健康ニュース >> 実は夏に多い脳梗塞

実は夏に多い脳梗塞 / 浪速区の北村整骨院 健康ニュース

症状 イメージ

脳梗塞と聞くと、冬に多いイメージを持ってませんか?
実は一番脳梗塞になりやすい時期は6月~8月、夏のシーズンなのです!
脳梗塞は日本人死亡原因の男性4位、女性3位に数えられる脳卒中(脳血管障害)の1つです。
脳卒中には他に脳出血、くも膜下出血がありますが脳梗塞が全体の6割を占めています。
ではなぜ夏に多いのでしょうか?

夏に多い理由

原因 イメージ

夏は暑く汗を多くかくからです
汗をかくことにより体の水分が失われ、ドロドロになった血液が血管を詰まりやすい状態にしてしまい、結果的に脳梗塞を引き起こすのです。
また脳梗塞が集中して起きやすい時間帯は睡眠中、朝起床後2時間以内です。
睡眠中は血液の流れが悪くなる為、ただでさえドロドロになっている血液をさらに詰まりやすくさせてしまうからです。
また起床時は心臓を活発に動かすために交感神経が働き出し、血圧が高くなります。
血圧が上がる事により、ドロドロの血液が血管を詰まらせてしまい脳梗塞に繋がってしまうのです!!

予防・対策 その①

対策 イメージ

脳梗塞の危険因子は喫煙・糖尿病・高脂血症等様々あります。
例えばアイスや冷えたビールなど(糖分やアルコール)多く取り過ぎると血液がドロドロになり脳梗塞に繋がるので気を付けましょう!
対策としてはウォーキング等の有酸素運動です。
20分~40分の有酸素運動で糖尿病、高脂血症の改善に効果があり、結果的に脳梗塞の予防にもなるので取り入れましょう。

予防・対策 その②

対策 イメージ

この時期は汗などにより水分が抜けやすく血液がドロドロになりやすい為、体内の水分不足に気を付け、こまめに水分を補給しましょう!
一日の中で必ずとってほしいタイミングがあります。
それは入浴前後、睡眠前です!
どちらも体の水分が抜けやすいタイミングですので,コップ一杯分の水を飲むようにしてください。

☆しっかりとした有酸素運動+適切な水分補給で脳梗塞を予防しましょう!!

北村整骨院へのお問い合わせはこちら:06-6568-8555
浪速区、北村整骨院 患者様の声
浪速区 北村整骨院 健康ニュース

お問い合わせ

骨盤矯正、肩こり、腰痛などでお悩みの場合は、浪速区の北村整骨院までお気軽にお問い合わせください。

LINEの友だちを追加

北村整骨院 LINE QRコード

LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンしてください。

北村整骨院 友だち追加

Menu

診療時間

 
午前
午後
  • [平日]
    8:00〜13:00 / 16:00~20:00
  • [土・祝]
    8:00〜13:00
  • [休診日]
    日曜日、年末年始、お盆