浪速区 北村整骨院の健康ニュースです。今回は、座り方とその影響について解説します。体に良い座り方とは?

浪速区 北村整骨院 HOME >> 健康ニュース >> 生活習慣について(座り方)

生活習慣について(座り方) / 浪速区の北村整骨院 健康ニュース

悪い姿勢のイメージ

皆さん、日常生活の中で何気ない事が身体を悪くし、悪習慣になってしまう事があります。

今回は、『座り方』の悪い所、良い所をお伝えしていきます。

悪い座り方

脚を組む、あぐらをかく、横座り、足を伸ばした状態(長座)

脚を組んだり、横座りをすると骨盤が傾き、身体全体の歪みの原因になります。

また、股関節・膝関節がねじられる事で変形性関節症になる可能性があります。

足を組む、オネエ座り
あぐら座りイメージ

あぐらをかいて座ると、床からおしりが突き上げられるような形になり骨盤が不安定になり、背中も丸くなりやすくなります。

長座りイメージ

足を伸ばした状態で座ると、足に痛みや坐骨神経痛がある人は太ももの裏が引っ張られることで痛みを増強させる事がありますので要注意です。

良い座り方

座り方の中で一番良いのは正座です!!

正座の中でも悪い座り方、良い座り方があるのでご説明します。

悪い座り方は、つま先が離れていたり、膝が内にねじれている場合です。

こうなってしまうと股関節・膝関節がねじれてしまい、正座をしていても痛めてしまいます。

股関節やひざ関節を痛める正座

良い座り方はつま先を揃え、膝が真っ直ぐになる様にします。

股関節やひざ関節を痛めにくい正座

タオルを足の間に挟む事によって、膝や足の痛い方でも長時間座る事ができます。

【注意】

股関節、膝関節に制限がある方や人工関節の手術をされている方は無理に行わないで下さい。

北村整骨院へのお問い合わせはこちら:06-6568-8555
浪速区、北村整骨院 患者様の声
浪速区 北村整骨院 健康ニュース

お問い合わせ

骨盤矯正、肩こり、腰痛などでお悩みの場合は、浪速区の北村整骨院(06-6568-8555)までお気軽にお問い合わせください。

LINEの友だちを追加

北村整骨院 LINE QRコード

LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンしてください。

北村整骨院 友だち追加

Menu

各症状について

診療時間

 
午前
午後