浪速区 北村整骨院の健康ニュースです。今回は、急性虫垂炎(盲腸)の原因と治療法について解説します。

浪速区 北村整骨院 HOME >> 健康ニュース >> 急性虫垂炎(盲腸)の原因と治療法

急性虫垂炎について / 浪速区の北村整骨院 健康ニュース

腸内 イメージ

五月に入り、気温も少し暖かくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
皆様は、「急性虫垂炎」という病気をご存じでしょうか?
「急性虫垂炎」は、虫垂で炎症が起こる病気です。
この病気は、俗に言う「盲腸」の事です。
気づかずに放置してしまうと、重症化して大変な事になってしまいます。
そうならない為にはどうすれば良いのかをご紹介します。

原因は??

医者 イメージ
  1. ウイルス、細菌による感染
    虫垂に便が溜まる、腫瘍が出来るなどが原因で、虫垂の入り口が狭くなり、虫垂の中に圧力が掛かる事で、血行が悪くなります。
    血行が悪くなる事により、ウイルス、細菌の感染のリスクが高くなります。
  2. 便秘
    便秘により虫垂が圧迫されて、炎症を起こしてしまいます。
    ヨーグルトや納豆などの整腸作用のある食べ物を多く食べる事で、便秘の改善や予防を行いましょう。
  3. ストレス
    ストレスは、交感神経を緊張させ、白血球の一つである好中球を増加させます。
    好中球には、殺菌能力があり、体内に侵入したウイルスなどを死滅してくれます。
    しかし、好中球が増えすぎると、大量の活性酸素が出る特徴があります。
    活性酸素が大量に増えると、身体の組織が痛む為、発症のリスクが上がります。
  4. 暴飲暴食
    食べ過ぎ、飲み過ぎは、急性虫垂炎だけでなく他の病気の原因にもなります。
    脂っこい食べ物を食べ過ぎたりする食生活の方は、特に注意が必要です。

初期症状について

腹痛 イメージ

「腹痛」、「嘔吐」、「発熱」が急性虫垂炎の初期症状としてあります。
おへそ周りから右下腹部にチクチクした痛みが徐々に移動します。
これに伴い、下痢や吐き気、発熱が出る事が多いです。
上記の症状が出た場合、ただの腹痛ではなく急性虫垂炎を疑い、腹痛が強い場合は、すぐに病院を受診してください。

自分で出来る検査法は?

急性虫垂炎の疑いがある場合に自分で出来る検査法を紹介します。
痛みを強く感じる場所を、強めに押して、すぐに離しましょう。
離した後にも強い痛みを感じたら、急性虫垂炎の可能性が高いです。
この検査法は個人差がある為、少しでも疑いがあれば、病院を受診して下さい。

医者と猫 イメージ

過去の治療法は、手術療法が一般的でしたが、医療が進歩して、初期の段階で発見できれば、薬物療法で治療が出来るようになりました。
しかし、発見が遅れてしまうと、薬物療法では効果が出にくくなり、手術が必要になる可能性があります。

できるだけ早く発見する為にも、上記を参考にしてみて下さい。

北村整骨院へのお問い合わせはこちら:06-6568-8555
浪速区、北村整骨院 患者様の声
浪速区 北村整骨院 健康ニュース

お問い合わせ

骨盤矯正、肩こり、腰痛などでお悩みの場合は、浪速区の北村整骨院(06-6568-8555)までお気軽にお問い合わせください。

LINEの友だちを追加

北村整骨院 LINE QRコード

LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンしてください。

北村整骨院 友だち追加

Menu

各症状について

診療時間

 
午前
午後