浪速区 北村整骨院の健康ニュースです。今回は、脱水症について解説します。

浪速区 北村整骨院 HOME >> 健康ニュース >> 脱水症について

脱水症について / 浪速区の北村整骨院 健康ニュース

人間の身体のほとんどは水分でできています。
体重に対する割合は子供で約70%、成人で約60%、高齢者で約50%とかなり多くを占めています。
暑さの厳しい夏、汗などで身体の中の水分が大量に失われると「脱水症」を引き起こし非常に危険な状態になります。

脱水症とは?

身体の中の水分のことを「体液」といいます。この体液とは単純な水ではなく、多くのミネラル(Naナトリウム、Kカリウムなど)を含み、体液の欠乏により起こる様々な症状を脱水症といいます。

どんな症状が起こるの??

女性 イメージ

脱水症の症状は失われた水分量によって異なります。
ひどい脱水となると神経の失調を引き起こし、死に至ることも!

  • 体重の2~3%減少・・・のどの渇き、食欲不振など
  • 4~5%減少・・・疲労感、頭痛、吐き気、めまい
  • 6~7%減少・・・チアノーゼ(酸欠状態)、乏尿
  • 8~10%減少・・・身体動揺(ふらつき)、けいれん
  • 11~14%減少・・・皮膚の乾燥、嚥下困難、舌の膨化
  • 15~20%以上・・・難聴、舌の縮小、意識障害、乏尿、死亡

脱水症の種類

  1. 高張性脱水・・・ミネラルより主に水分が失われるタイプ。
    今回メインで紹介している夏場の脱水症はこれにあたります。
  2. 等張性脱水・・・ミネラルと水分、同じ量が失われるタイプ。
    下痢、出血などによって起こります。
  3. 低張性脱水・・・ミネラルが多く失われるタイプ。
    嘔吐、腎臓の機能低下などによって起こります。

脱水症が起こりやすいタイミングは?

汗かき イメージ
  1. スポーツ時・・・気温が高い時以外にも、気温が低い場合や、
    室内での運動時でも、十分な水分補給を!
  2. 日常生活時・・・就寝時・入浴後・飲酒後は特に、
    体内の水分が少なくなりやすいです。
  3. 夏場と冬場・・・夏場は発汗による脱水が起きやすくなります。
    冬はウイルスによる感染症が多くなります。
    ウイルス性の風邪や胃腸炎は、下痢や嘔吐が起き
    ミネラルが失われることにより等張性、低張性の
    脱水症になる可能性が高くなります。

脱水症の正しい予防法は?

  • 水分補給
    人間は運動をしなくても一日に2リットルの汗をかく為、こまめに水分をとることが重要です。
    特に、就寝前起きてすぐ、入浴前後、運動中、運動前後、飲酒後は必ず水分をとって下さい。
水分補給 イメージ
  • なにを飲めばいいの??
    この時期は意図的にミネラルを多く含む飲み物をとりましょう。
    麦茶がオススメです!市販のスポーツドリンクも良いですが、糖分が多いので気をつけましょう。
    最近よく見かける「経口補水液」は予防というよりは脱水状態になったときに飲んで下さい!!
北村整骨院へのお問い合わせはこちら:06-6568-8555
浪速区、北村整骨院 患者様の声
浪速区 北村整骨院 健康ニュース

お問い合わせ

骨盤矯正、肩こり、腰痛などでお悩みの場合は、浪速区の北村整骨院(06-6568-8555)までお気軽にお問い合わせください。

LINEの友だちを追加

北村整骨院 LINE QRコード

LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンしてください。

北村整骨院 友だち追加

Menu

各症状について

診療時間

 
午前
午後