浪速区 北村整骨院の健康ニュースです。今回は、石灰沈着性腱板炎ついて解説します。

浪速区 北村整骨院 HOME >> 健康ニュース >> 肩に激痛!石灰沈着性腱板炎とは?

石灰沈着性腱板炎とは? / 浪速区の北村整骨院 健康ニュース

石灰沈着性腱板炎は、肩に激痛が生じる中高年によく見られる疾患の一つです。
耐え難い痛みを伴うため、最初に発覚した時には、
「とんでもない病気になった」と思う方もおられます。
そこで今回は、石灰沈着性腱板炎をご紹介します。

激痛が起きる原因は??

腱板、滑液包 イメージ

激痛の原因は、肩甲骨と腕の骨をつなぐ筋肉(腱板)に、濃厚なミルク状のカルシウムが付着し、徐々にそれが固まり、硬く変化し、石灰化します。
さらに症状が進むと、石灰化した部分が
大きくなってしまい、滑液包(肩をスムーズに動かす役割の袋)を押し破ってしまいます。
すると、炎症が起こり痛みを感じます。

どんな症状があるの??

腱板、滑液包 イメージ

1、急な激痛

「以前から違和感があった」などの予兆はほとんどなく、
急に痛みが出始めます。

2、肩が痛く、動かせない

腕を下に垂らしているだけでも激痛が走るため、
反対の腕で支えないといけない程の重度な運動障害が起こります。

3、肩が赤く腫れる

炎症が起きているため、赤く腫れて熱を持っている状態になります。

対処法は??

女性 イメージ

対処方法は、期間によって変わります。

  • 急性期(1週間~4週間ほど)
    痛みの強い時期は、物を持ったり腕を上げるなどをしないよう、肩に負担をかけずになるべく安静にしましょう‼
  • 亜急性期(1ヶ月~6ヶ月)と慢性期(6ヶ月以上)
    この時期になると痛みも和らいでくるため、
    痛みが少ない範囲で関節の動きを良くするために、運動療法を取り入れましょう‼

どういう運動をするの??

コッドマン体操(振り子体操) イメージ

コッドマン体操(振り子体操)

  1. 「症状がない方の腕」をふとももの
    付け根程の高さの台に置き、身体を安定させます。
  2. 足を前後に開き、身体を前屈させ、
    おもり(500mlのペットボトル等)を持ち、
    下に垂らします。
  3. 腕の力を抜き、身体を
    「前後」、「左右」に動かします。
    (身体の動きにつられて腕が動きます。)

回数の目安は前後、左右各20回ですが、
無理のない範囲で行う事が大切です‼

治療が早ければ症状改善も早くなりますので、症状がある方は、一人で悩まずご相談下さい。

北村整骨院へのお問い合わせはこちら:06-6568-8555
浪速区、北村整骨院 患者様の声
浪速区 北村整骨院 健康ニュース

お問い合わせ

骨盤矯正、肩こり、腰痛などでお悩みの場合は、浪速区の北村整骨院までお気軽にお問い合わせください。

LINEの友だちを追加

北村整骨院 LINE QRコード

LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンしてください。

北村整骨院 友だち追加

Menu

診療時間

 
午前
午後
  • [平日]
    8:00〜13:00 / 16:00~20:00
  • [土・祝]
    8:00〜13:00
  • [休診日]
    日曜日、年末年始、お盆