浪速区 北村整骨院の健康ニュースです。今回は、氷食症と鉄欠乏性貧血について解説します。

浪速区 北村整骨院 HOME >> 健康ニュース >> 氷食症と鉄欠乏性貧血についてについて

はしか(麻しん)について / 浪速区の北村整骨院 健康ニュース

麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症として知られています。
麻しんウイルスの感染力は非常に強く、感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播します。
免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。

かかりやすい年齢・時期

近年では、患者発生の中心は、20歳以上の成人と、ワクチン接種前の0~1歳となっています。
平成27年3月27日、世界保健機関西太平洋地域事務局により、日本が麻しんを排除状態にすることが認定されました。以前は毎年春から初夏にかけて流行が見られていましたが、排除後は、海外からの輸入例や、輸入例を発端とした集団発生事例を認める状況となっています。

症状

症状 イメージ

感染すると発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。
2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。
感染してから一週間以上たって発症することもあります。
肺炎や中耳炎、まれに重度の脳炎を合併することもあり、死亡する割合も、先進国であっても1,000人に1人と言われています。

予防

麻しんは、感染力が強く、空気感染もするので、手洗い、マスクだけでは予防できません。
有効な予防方法は、あらかじめ麻しんワクチンを接種し免疫を獲得しておくことです。

28歳以上の方は要注意!?

ワクチン接種イメージ

平成2年4月2日以降に生まれた方(満28歳)は、定期接種として2回の麻しん含有ワクチンを受けることになりますが、昭和47年10月1日から平成2年4月1日までに生まれた方は、1回のみのワクチン接種の場合が多いと思われます。
なお、昭和47年10月1日以前に生まれた方は、麻しんが定期接種ではなかったので、一度もワクチンを接種していない可能性が高いと考えられます。

  1. 麻しんに感染するリスクが高い方や麻しんに感染することで周りへの影響が大きい場合、流行国に渡航するような場合は、2回目の予防接種についてかかりつけの医師に相談しましょう!
  2. 現在では、1歳のときと、小学校入学前の1年間という2回にわたって、はしか・風疹の混合ワクチンを定期接種で受けることができます。1歳になったら、なるべく早めに混合ワクチンを接種させましょう!

ワクチンは、個人を守る意味だけではなく、家族や社会を守るために必要です。
まずは、母子手帳等を確認し、ご自身の予防接種歴を確認しましょう!

北村整骨院へのお問い合わせはこちら:06-6568-8555
浪速区、北村整骨院 患者様の声
浪速区 北村整骨院 健康ニュース

お問い合わせ

骨盤矯正、肩こり、腰痛などでお悩みの場合は、浪速区の北村整骨院(06-6568-8555)までお気軽にお問い合わせください。

LINEの友だちを追加

北村整骨院 LINE QRコード

LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンしてください。

北村整骨院 友だち追加

Menu

各症状について

診療時間

 
午前
午後